【The Universim】街づくり その3(終)

f:id:block30:20180416075508j:plain

 今回はこれで最終回。

 

f:id:block30:20180416132235p:plain

狩猟小屋をアップグレード。

 

f:id:block30:20180416132514p:plain

これでハンターを6人雇用できるようになり、大型の動物をより早く仕留められるようになった。

そして使用する武器も投げ槍からクロスボウに。

 

f:id:block30:20180416133225p:plain

現時点(0.0.25ver)で出来る研究をすべてやり終えた。

これ以上進化はしないが、プレイは続行できる。

かなり前のゲームバージョンだとゲームを進めていくに従って、ナゲットの挙動がおかしくなり、それ以上プレイできない状態になってしまっていたが、今のバージョンはそんなことなく長時間プレイできる。

 

f:id:block30:20180416133515p:plain

ナゲットの家の建て替えが始まった。

石器時代の家を建てるときもそうだったが、家の建て替えも建設命令は必要なく、ナゲットが勝手に着手する。

 

f:id:block30:20180416133558p:plain

f:id:block30:20180416133638p:plain

アップグレード完了。見た目が変わるだけで、収容人数に変化はなく、1つの家族が暮らす家であることは変わらない。妙にデカい。家の外見にはいくつかバリエーションがある。

 

f:id:block30:20180416134219p:plain

街中でマンモス狩りが始まった。

このマンモスはゲーム開始からずっと街の近くをうろついていたヤツだ。遂にナゲットたちのターゲットになってしまった。

使用武器がクロスボウに変化。ハンターの数も多くなり、狩りがスムーズに進む。

 

f:id:block30:20180418173518p:plain

新たに建てられるようになった建物。

分かりやすく言えば運送屋、資源の輸送を専門に行い、物流がスムーズに。

でも、あまり効果の実感がない。

 

f:id:block30:20180418174234p:plain

後は特に何も変化なく人口が増えていくだけなので、これで終わりにしよう。

 

ツイッターに投稿したこのプレイの街の様子。

なかなか大きな街になった。

 

終わり

www.himajin-block30.com

 

//上に戻るボタン