【theHunter: Call of the Wild】狩猟記録:レイトン湖水地方編【第3回】

f:id:block30:20190210213626j:plain

 

f:id:block30:20210101184550j:plain

第1回で展望台に行く途中で見つけたケルンに奇妙な墓碑がアウトポストの近くにあるという記述があったのでそれらしいところに行ってみる。

恐らく”?”マークのところだろうと目星をつけて移動開始。

 

f:id:block30:20210101184711j:plain

マップの?マークに到着。

どう見ても墓碑ではない。これはお金を払うことで建設できる物見やぐら。

やぐらを建ててその中で獲物を待ち伏せできる。

今はお金がないので建てることができない。やぐらの建設は後にしよう。それよりも墓碑はどこだろう?

 

f:id:block30:20210101111800j:plain

テキストをよく読むと、ここから北にあると書いてある。

 

f:id:block30:20210101185316j:plain

一番近くという記述もあったので展望台に近い方かと思ったが、どうやら別のアウトポストのようだ。ケルンとの位置関係を見ると、確かに今自分がいるアウトポストはケルンから北西に位置している。ケルンからまっすぐ北に向かったところにもアウトポストがあるのでそっちに行ってみよう。

 

f:id:block30:20210101185801j:plain

アウトポストに到着。

アンロックしたのち墓碑を探す。

 

f:id:block30:20210101185919j:plain

アウトポストのすぐ近くで墓碑を発見。

その上には何やら光るものが。

 

f:id:block30:20210101190022j:plain

拾ってみると第一次世界大戦の遺物のようだ。ここに眠っているのは持ち主だろうか?

このような収集アイテムはマップのいたるところに存在している。これらを集めていくのもこのゲームの楽しみの一つ。

白く光っているので、それなりに見つけやすくなっているが意識しないと割と見落としてしまう。

 

f:id:block30:20210101190928j:plain

さて、次はどこに行くか・・・ミッションのロケーションは現在地(画面中央やや右の白マル)から西に行ったオレンジ色で塗られている場所。今いるところからはちょっと遠い。どうせ遠いので遠回りをしよう。

現在地から少し北東に進んだ”?”マークを目指すことにする。その後、そこから北西に進んだところにある”?”マークを経由し、湖を横断してミッション目標に進んでいこう。ぐるっと周る感じで。

 

f:id:block30:20210101191415j:plain

最初に到着した”?”マークにはケルンがあった。ホープが残したメモのようだ。

サバイバルの必需品が書いてある。警戒心と好奇心がもっとも重要かな。

 

f:id:block30:20210101191818j:plain

次の”?”マークに向かう途中、アメリカグマに遭遇。

しかし、微妙に位置が悪く狙いをつけることが出来ない。

向こうもこちらの存在に気付いたらしく、速足でどこかへ行ってしまった。

動物は基本的に憶病なので、凶暴に思われる熊も人間の存在に気づくと逃げていく。

但し、異常に接近したり、中途半端に攻撃を加えてしまった場合はこちらに向かってくるので注意が必要。

 

f:id:block30:20210101192014j:plain

そこから少し進むと今度はヘラジカと遭遇。

雌2頭、雄1頭の群れだ。こちらには気づいていない。見つからないようにもう少し匍匐前進で近づく。

 

f:id:block30:20210101192300j:plain

近づいたところで雄のヘラジカに発砲。

ヘラジカはその場から逃げいった。トラッキングするために雄がいた場所に行ってみるが、血痕がない・・もしかして外したのか?

本来であれば血痕が地面に広がっていてそれを頼りに逃げた獲物を追っていくのだが、どうやら狙撃に失敗したらしい。結構近距離だったので外すとは思えないのだが。

足跡は残っているのでそれを頼りに追ってみるが見当たらない。

 

f:id:block30:20210101192824j:plain

しばらくウロウロしていたら別の個体を発見。随分とご立派様。

リベンジでこいつを狩ろう。

 

とその前に

 

今回はここまでまた次回。

theHunter: Call of the Wild カテゴリーの記事一覧 - 暇人雑記

//上に戻るボタン