【theHunter: Call of the Wild】狩猟記録:テ・アワロア国立公園編【第23回】

f:id:block30:20190210213626j:plain

 

f:id:block30:20210328052514j:plain

浜辺の清掃も終わり続いてのミッションは30㎏以上の獲物をかるというもの。

前回狩ったダマジカが80㎏、その前に狩った野生ヤギは28㎏だった。

この周辺にはダマジカがいるのでシカ狙いで探索してみよう。

オスでもメスでも恐らくは30㎏を軽く超えると思われる。

 

f:id:block30:20210328055019j:plain

でもその前に展望台が近くにあるので周辺を明らかにするためこれをアンロック。

この海沿いにある展望台は上部がガラス張りになっていて灯台の役割も果たしているようだ。

 

f:id:block30:20210328055143j:plain

周辺が明らかになったが何にもない。

道路に沿って進んでいった先と河口の向こう岸にアウトポストがあるくらいだ。

2つのアウトポストをアンロックしながらシカ狩りをやっていこう。

 

f:id:block30:20210328055801j:plain

展望台から歩き出すと何やら地面が盛り上がっているところが点々としている。

 

f:id:block30:20210328055904j:plain

何だろう?と近づいてみるとウサギの巣穴だったようだ。

ということはこの周辺にウサギもいるのだろう。

だが30㎏超えのウサギなんていないだろう。

調べてみると世界最大種と言われるウサギも20㎏ほどにしかならないようだ。

ウサギ狩りはまた後で。

 

f:id:block30:20210328060240j:plain

巣穴から顔を上げるとダマジカの鳴き声が。

しかもオスだ。こいつを狩ればミッションはクリアできるだろう。

求愛の鳴き声なのでまだこっちには気づいていないようだ。

 

f:id:block30:20210328210421j:plain

ダマジカをおびき寄せるため枝角ラトラーを使う。

ホントにこんなので寄ってくるのだろうかと使うたびに思う。

 

f:id:block30:20210328210710j:plain

まぁ寄ってくるのだから効果はあるのだろう。

だがいまいち信じられない。

幸いにもダマジカは真正面に現れた。

テキトーに両前脚の間のおなかを狙い一発入れる。

 

f:id:block30:20210328210900j:plain

見事に心臓を貫いた。

自分としてはこのサイズのシカは心臓への一撃が比較的簡単にできるが、ヘラジカのような大型のシカになると逆に狙いづらい。デカい方が簡単な気がするんだけど何でだろう?単純にヘラジカの狩りに慣れていないだけなんだろうけど。

ともかく30㎏以上の獲物を狩るミッションは完了だ。

 

f:id:block30:20210328211612j:plain

f:id:block30:20210328211627j:plain

で、道沿いを進んでいった先にあるアウトポストを一つアンロック。
新たなミッションは向こう岸のアウトポストに用事があるらしい。

向こう岸のアウトポストに行く気でいたのでちょうどよかった。

このまま予定通り次のアウトポストを目指そう。

 

f:id:block30:20210328212211j:plain

f:id:block30:20210328212232j:plain

f:id:block30:20210328212246j:plain

橋を渡り特に何事もなくアウトポストに到着。

 

f:id:block30:20210328212323j:plain

そして室内にあったカメラの電池パックを入手。

 

f:id:block30:20210328212358j:plain

ここから少し行ったところにカメラが設置してあるようなのでそこまで行って電池を交換しよう。

 
今回はここまでまた次回。

theHunter: Call of the Wild カテゴリーの記事一覧 - 暇人雑記

//上に戻るボタン