【Land of War - The Beginning】1939年、第二次世界大戦初期のポーランドが舞台のFPS

f:id:block30:20210526215218j:plain

 

 第二次世界大戦が題材となっているゲームは数多くあるが、1939年という戦争勃発の最初期のポーランドに焦点を当てた作品は珍しい。

また他のゲームではあまり見ない戦争初期だからこそ登場するプロトタイプの武器やごく少数しか生産されなかった武器の数々が登場する。

最近のFPSは何でもかんでもマルチプレイになってしまっていてうんざりしている人もいるのではないだろうか。このゲームはシリーズ初期のCODやMOHのようなクラシックなFPSを参考としてつくられておりシングルプレイのプレイフィールに重点を置いて制作されている。

発売日は5月28日。

ゲーム本体の価格は29.99ドル。DLCは2.99ドル。

ゲーム本体とDLCがセットになったプレイミアムエディションは20%off。DLC5点セットは25%offで販売される。

 

//上に戻るボタン