【theHunter: Call of the Wild】狩猟記録:テ・アワロア国立公園編【第28回】

f:id:block30:20190210213626j:plain

 

f:id:block30:20210630210024p:plain

前回の続きから。

前回見つけた手紙の送り主であるメラニーにミッションの依頼者キリが連絡を取る間にシカ狩りをやっていく。

どうやら前回の投石機などの映画のセットは既にキリが依頼したクルーたちによって片付けられたようだ。いくら何でも仕事が早すぎる。

そしてこのエリアでシカを狩る。

恐らくシカであれば種類は何でもいいのだろう。

 

f:id:block30:20210630210800p:plain

投石機が置いてあった場所は周囲より高くなっていたのでここに陣取ってシカが出てくるのを待とうか。

 

f:id:block30:20210630211024p:plain

しばらく待つが、ヤギしか見当たらない

位置が悪いのかな?もう少し粘ってみよう。

 

f:id:block30:20210630211534p:plain

段々と霧が出てきた。

 

f:id:block30:20210630211507p:plain

と、ここでアカシカの群れを発見

餌場にたまっているようなので焦る必要はない。少し狙撃しやすいポイントまで移動しよう。もう少し近づいた方が良さそうだ。

 

f:id:block30:20210630225119p:plain

群れの中にオスは2頭いるようだ。

前脚の付け根付近を狙って一発。

 

f:id:block30:20210630230146p:plain

放たれた弾丸はみごと命中。

大体狙った位置に着弾したが、思ってた位置よりやや上にヒット。

重力による弾丸の沈み込みを考えて撃ったが、自分が考えているよりも重力の影響は少ないようだ。

 

f:id:block30:20210630231103p:plain

丁度、今回のハンティングで弾丸がなくなったのでアウトポストに移動して装備を整える。

 
今回はここまでまた次回。

theHunter: Call of the Wild カテゴリーの記事一覧 - 暇人雑記

//上に戻るボタン