【Power of Ten】惑星の防衛システムを起動しながら宇宙を探索するローグライト

f:id:block30:20210607220228j:plain

 

 

Youtubeに投稿した動画。

 

Power of Tenはドット絵2D宇宙を舞台としたシングルプレイのローグライトシューティング。

人々が住む惑星に攻撃を仕掛けてくる敵を倒しながら、集めた資源で惑星の防衛システムを起動させていく。

 星系内には人が住んでいる惑星や住んでいない惑星、小惑星群などが複数存在する。

小惑星を破壊したり、敵を倒したり、交易船とトレードすることで鉱物とガスを手に入れ、それらを使って惑星の衛星軌道上にある防衛システムを起動し惑星にバリアを張る。防衛システムを起動させるとリワードとしてお金や武器、弾薬、スキルなどが貰える。

星系内のすべての防衛システムを起動すると次の星系にジャンプ。星系間のジャンプはFTLのように複数ある行き先からプレイヤーが自由に選択できるようになっている。最初は200万人の人々を助ける目標が設定されていて、その目標をクリアすると次は300万人を助ける目標が設定され敵の難易度が上がる。

ひたすらに敵を倒していくゲームだが、武器の残弾に注意を払う必要がある。弾薬の種類は全部で4つあり、人を助けた報酬や敵船の破壊、単に宇宙に漂っているものから入手できる。使用できる武器はレーザーやミサイル、火炎放射器や自分の周囲を薙ぎ払う剣のようなものなどバラエティーに富んでいる。使用できる船も様々で宇宙を探索している途中に見つけ出すことがある。見つけ出した船は資源を消費して起動させれば、乗り換えが可能になる。また初めて乗る船を起動させれば、次にゲームを始めるときにその船が選択できるようになる。

このゲームは船の操作が抜群に良いゲームで敵船とのドッグファイトがとても楽しい。ゲームパッドにも対応しているがキーボード&マウスの方がプレイしやすいように思う。

現在ゲームはアーリーアクセスとなっているが十分に楽しめるゲームになっている。今後も様々なアップデートが用意されている。アーリーアクセスの期間は6か月から12か月を予定していて、アーリーアクセスが終わるとわずかにゲームの価格が引き上げられる。気になる人はデベロッパーへの資金提供がてら早めにゲームの購入を考えてみてはいかがだろうか。

 

//上に戻るボタン