【ORPHAN AGE】孤児たちのサバイバル【Kickstarter】

f:id:block30:20180620050112j:plain

 体験版配信中

 

 

デベロッパー:Studio Black Flag – Indie video games for PC, Mac & Linux

ジャンル:4Eサバイバルシミュレーション

言語:英語

プラットフォーム:PC

発売予定日:2018年後半

公式サイト:https://orphan-age.com/

 

f:id:block30:20180627053944p:plain

内戦に巻き込まれた孤児たちが主人公のシミュレーションゲーム。戦う兵士ではなく一般市民(子供たち)にスポットが当たっていて、「This War of Mine」を彷彿とさせるゲームだ。もちろんデベロッパーはそのゲームの影響を受けていることを明言しつつ、他にもThe SimsやFallout Shelterなどのゲームシステムを参考にしているとも言っている。ストーリーにはAKIRAやBLADE RUNNERなどのサイバーパンク作品からヒントを得ているようだ。

 

f:id:block30:20180627054030p:plain

シミュレーションゲームをプレイする人は「4X」という言葉をよく知っていると思うが、このゲームは4XのExterminationをEmpathyに置き換え「4E」としている。つまり、探索、拡張、開発、共感となる。共感はグループで生活していく際の人間関係などを指している。

 

f:id:block30:20180627054053p:plain

2つとして同じ建物が存在しないプロシージャルなマップを探索し、見つけた資源を上手く管理し、また、それらから家具などをつくって生活環境を改善しつつ、共同生活をしていく仲間たちと大きな困難に立ち向かっていく、といった具合でゲームが進行していく。仲間たちとの関係性でストーリー進行が変わっていくようだ。また、何をするにもリスクがつきまとい、下手をすればケガをしてしまったり、死亡してしまうこともあり、一度の判断ミスが取り返しのつかないことになり得るので、常に慎重な判断が必要となる。

 

f:id:block30:20180627054802p:plain

プレッジ金額によるリワードの一覧。

ゲームを手に入れるには最低18ドルの支援が必要(16ドルのアーリーバードは既に終了)。それ以上の支援だとサウンドトラックや支援者限定のゲーム内アイテムを受け取ることができたり、Steamのアーリーアクセスよりもさらに早いアルファアクセスをプレイすることができるようになる。アルファアクセスはキックスターターのキャンペーンが終了した直後からプレイ可能。Steamアーリーアクセスは2018年後半~2019年初頭に配信予定。

 

 

※この記事に使用した画像は公式サイトのプレスキットやキャンペーンページから引用。

//上に戻るボタン