【Strange Horticulture】謎解きは後回しにしてはいけない:4日目

 

Strange Horticultureのプレイ記事を書いていく。攻略サイトを一切見ず、更に初見プレイとなる。ゲーム進行をそのまま書いていくのでネタバレに注意してください。

 

このゲームの記事一覧

www.himajin-block30.com

 

4日目の営業スタート。

カードは一部が破られていて、小さな×が書いてある。うーん、何を示しているのだろう?取り敢えず、何も思い浮かばないので後回しにしておこうか。

 

本日最初のお客さんは刑事のルーベンウォード。

スインサイドのストーンサークルで惨殺体が発見されたようだ。

昼食を吐き出さずに済む薬草はないかと尋ねてきたようだ。

 

フェネットという植物らしい。図鑑には葉っぱに関する記述しかなく、若干不安だったが、葉の特徴が一致する白い花が咲いているものを差し出すと正解だったようだ。

 

次は郵便局員がやってきて手紙を届けてくれた。

またアモスダンカンかと思ったが、今回の差出人はヴェローナグリーンだ。

グリズデイルの森に新たな植物があるらしい。でも森には姉妹団がいるのですんなりと植物を見つけられるのか不安だ。

 

場所はラスランドの北東。”少し行ったところ”と曖昧な書き方だったが、1マイルくらいの移動距離かと思いラスランドのすぐ右上のグリッドを選択。

 

やはり姉妹団に行く手を阻まれてしまった。

弓を持ち武装しているようだ。厄介だな。

 

だが、植物を使えばこの難局を突破できる。鍵を開けるやつといい植物って便利だな。メローグローは相手から察知されなくなる。使用者が透明になるというわけではないようだが、相手の視界に映らなくなるらしい。

 

メローグローのおかげで姉妹団を回避して、新しい植物を発見。

コレクションに加える。

 

店に戻り、次のお客さんの対応をする。

フェイスイフトが訪ねてきた。悪夢を見るから何とかしてほしいと依頼してきた人だ。その時はフォレストキャンフリーを渡した。そのおかげでよく眠れるようになったらしいが、相変わらず生々しい夢を見てしまうということ、毎晩、仮面を着けた女が出てきて、自分に何かを叫び訴えかけている。だが何を言っているのかが、分からない。何かを警告しているのではないかと思うが、好奇心と恐怖でどうしたらいいかというのが今日の依頼だ。アグリアかキャンドルウッドのどちらかを渡せばいいようだ。

 

アグリアは超自然的能力が上がるらしい。自分としてはアグリアを渡せば夢の中の仮面の女が何を言っているのか分かるようになりそうなのでこっちを渡したいところだったが、お店にはアグリアはないようだ。

 

となるとキャンドルウッドを渡すしかない。こっちは精神安定剤のような効果しかないのであまり面白くない。不思議な夢は見なくなりそうだが、仮面の女の訴えが分からないままになってしまいそうだ。

 

図鑑のページが増えた。多分ハゲが治る。

ちょっとひらめいたのでカードの謎を解いていこう。

恐らくこの破られた部分は川の形とかに一致するのではないかと地図のあちこちにカードを合わせてみる。

 

ビンゴだ。海岸線と一致する場所があった。

×が重なったグリッドに移動しよう。N6だ。

 

新たな2種の植物を発見した。

右のやつはアグリアだ。最初にこれを見つけていればフェイスイフトの夢の謎に迫れたかもしれない。

 

次のお客さんはマーガレットエルスベス。

店の評判を聞きつけて来店してくれたようだ。

園芸が趣味のようでサイゼルグに住んでいるらしい。

マーガレットの祖父も植物が好きで本を集めてたりしていたらしい。

興味を持つと思うからぜひ家に来てほしいと招待状を貰った。もちろん行きますよ。よく見たら家ではなく城に住んでいるようだ。

 

サイゼルグ城に着くと熱烈に歓迎され、園芸趣味のマーガレットはハイテンションで植物の話をマシンガンのように浴びせてくる。

彼女の庭から2つの植物をプレゼントされ、更に蔵書の中から気になる植物の記述もゲットした。

 

お店に戻り接客を続ける。

フランシスアバートンは胸やけに悩んでいるらしい。

黄色い花を咲かせて葉がごわごわしている植物が欲しいようだ。

だが、それらしい植物が見当たらない。さっきサイゼルグ城でもらったこの花だろうか?でもこれはまだ図鑑に載っていない花なのだ。これで良いのかな?

 

恐る恐る渡してみると、どうやら間違っていたらしい。

正しいものではなかったので渡すことが出来なかった。

画面左下の”湧き上がる恐怖”のゲージが溜まってしまった。これは全部溜まるとどうなるのだろう?ゲームオーバーかな?

初めてのミスで悔しい。

 

消化促進作用のあるガンディルートを渡してみると、これが正解だった。

この植物は既に特定済みのやつだったので、眼中になかった。

失敗したな、そりゃ特定済みはもう用済みって訳じゃないよな。

 

気を取り直して次のお客さんの対応をする。

セリーナスコットはユウヒヤマタケが欲しいようだ。

更にブラックコームの幽霊の噂やスインサイドでの殺人の話をしてくれた。後で行ってみよう。

 

ユウヒヤマタケは強烈なにおいからニオイヤマタケとも呼ばれる。これを渡して本日の営業はお終い。

 

少女の家庭環境があまりよろしくない状態だったようだ。文章の下のは月だよな。満月になった時どうなるのだろう?

 

本日の営業は終わりまた明日。

www.himajin-block30.com

 

//上に戻るボタン