【Dark Quest: Board Game】とある冒険者パーティの記録 その1

 

このゲームの関連記事

www.himajin-block30.com

 

 

 

先ずは冒険を共にするヒーローを4人選ぶ。と言っても初プレイなので4人しかおらず選ぶ余地はない。

もちろんゲームを進めていけばたくさんのヒーローユニットをアンロックできる。ドラゴンなんかもいるらしいので楽しみだ。

 

アーチャー、バーバリアン、ドワーフ、ウィザード。

この4人が今回の冒険メンバーだ。

後ろにいるローブを纏った髭の人はGM(ゲームマスター)。

 

長老に「世界を混沌に染めた悪魔魔術師を倒せるのはお前たちだけじゃ~。がんばってちょ」とテキトーな激励のお言葉を頂く。

選択肢が3つ出てきた。4人のHPを2~3引き上げるか、だれか一人をアップグレードするか、攻撃力を上げるか。

ここは全員のHPを上げておこう。

 

+3されたのはウィザードだけか。結構渋いな。

 

冒険に出発する前にキャンプで商人や錬金術師から装備品やアイテムを受け取る。

装備品は黄色カードを1枚とダメージを追加するFlail、アイテムは使用した戦闘で最大ダメージを出すことが出来るようになるClarityPotionを選択。

初プレイなので黄色カードが何なのか良く分からないが、まぁ良いだろう。

ここで貰えるものは無償なのでコストはかからない。

 

さて装備も整ったということにして森へ出発しよう!

 

森へ入ると鍛冶屋と遭遇。装備品をくれるようだ。

なんかみんな気前がいいな。冒険者に優しい世界なのか?

どうせ死にに行く奴らだと憐れんでいるのか。

 

取り敢えず剣を貰っておこう。

これを装備するとすべてのカードのダメージが+0~1上がる。

この剣はバーバリアンに装備させた。

 

鍛冶屋と別れ、先に進むと茂みから何やらガサゴソと音がする。

音の正体を確かめに行くか、無視して先に進むかという選択肢。

ここは正体を確かめよう。

 

音の正体はダイスロールが決める。

1だとクマと戦闘、2~5だと動物を見つけるだけ、6~10だと戦闘カードを発見。

1が出なければ戦闘にはならなそうだ。6~10を狙いたい。

ではダイスロール!

 

10!

幸先のいいスタートとなり、ポーションをゲット。

 

社を発見。

祈りを捧げることで、それに応じたものが手に入るようだが、貰えるか否かはダイスロールで決まるようだ。

真ん中のパーティカードを狙ってみよう。ダイスロールで5以上が出ればカードゲットとなる。

 

6!

なかなか運がいいな。

貰ったものはまたポーションだったがないよりは良いだろう。

 

現在所持しているポーション。

左のは回復ポーションでそれ以外は戦闘時のダメージを増加させるポーションだ。真ん中は2つ持っている。

RPGの世界の人ってポーションばっか飲んでるけど大丈夫なんだろうか?エナジードリンクだって飲み過ぎれば死ぬこともあるのに。

 

遺跡にたどり着いた。

どうやらアンデットがうろついているようだ。

戦闘か、見なかったことにして立ち去るか。

 

もちろん、戦闘開始だ!

敵は3人と1匹。大して強そうじゃないな。

 

戦闘はシンプルなターンベースだ。

簡単に解説しよう。

数字の書かれた赤いアイコンはユニットのHP。手前のウィザードに付いている青いアイコンは魔法耐性。その隣のバーバリアンやドワーフについている盾のアイコンはアーマー。魔法耐性は魔法攻撃を受けた時にHPよりも先に減少する。アーマーは物理攻撃を受けた時にHPより先に減少する。

味方ユニットの足元が緑色であれば行動が可能なユニットとなる。

敵は足元が赤くなっていて、次に行動する敵ユニットは紫色になっている。

 

戦闘はカードを使用する。

カードを選択して、攻撃対象を選択。遠距離攻撃であれば攻撃をする位置も決める。

近接攻撃であれば敵をどの方向から殴るかを選択でき、2人のユニットで1人の敵を囲むとダメージ+1のボーナスが付く。

カードにはそれを使用するとターンが終わってしまうものや続けて別のカードをプレイできるものもある。この画像で選択している魔法攻撃のカードはカード横に表示されたPrimaryActionにこれをプレイするとキャラのターンが終了すると書いてある。その下Pre-rolledにはカードの左上の数字が攻撃ダメージになると書いてある。この場合1ダメージ。カードの効果には1~2のダメージとあるがこのターンで与えられるダメージはカードの左上に出ている。その下はターゲットとして選択できるものだ。

 

ウィザードでアンデットニワトリを撃破し敵のターン。

槍を装備したアンデットがバーバーリアンとアーチャーに攻撃を加える。

槍は2マス攻撃できるようだ。槍を相手にするときはユニット同士を固めない方が良さそう。1ターン目だったからどうしようもないが。先に倒せばよかったか。

 

次にアーチャーの行動。

敵のアーチャーを攻撃して撃破。

残りの敵は2人。

敵のターンとなりアーチャーの正面にいたアンデットがアーチャーに攻撃を加え1ダメージを受けた。

 

次はバーバリアンを行動させよう。

ダメージ3となかなか強い。

敵は2人ともHP2なのでどちらも倒すことが出来る。

 

槍を装備した敵を攻撃で撃破・・・できない。

敵の頭の上にあった金色のアイコンがなくなったがダメージは0。

もしかして攻撃を1回無効化する効果のアイコンだったのか?

 

しかし次はそうはいかないだろう。

ドワーフで接近して攻撃。

カードに書かれたダメージは2だったが、バーバリアンとドワーフで敵を囲んだのでダメージが+1されて3ダメージ入り敵を撃破。

残るは1人。

 

ドワーフの行動が1ターン目の最後だったので、新たなターンが始まり、バーバリアンで敵を攻撃。5ダメージという強力なダメージが入り敵を撃破。

戦闘に勝利!

 

戦闘中、フィールドの中央にあったルーンをゲット。

2択だったのでOverhelmRuneを選択。敵を囲んだ時のボーナスダメージが+1されるようだ。

 

遺跡を後にして先に進むとオオカミの群れと遭遇。

再び戦闘になる。

 

デカいオオカミだ。

2×2のユニットを囲むときは3人のユニットが必要になるので囲みづらくなる。

 

だがこんなオオカミ敵ではない。

簡単に一捻りで戦闘に勝利した。

 

戦闘が終わるとヒーローのレベルを上げられるときがある。

 

アーチャーを選択して4回の攻撃ごとに倍のダメージを与えられるパッシブ効果をゲット。

 

茨の道を進む。

ここでもダイスロール。

4以下だとダメージをくらい、5以上なら何事もなく通過できる。

 

結果、ウィザードに1ダメージ。

今回は運がなかった。

 

急にウィザードの運命を占うイベントが発生したが、ダイスロールの結果何事もなく終わった。

なんなの突然。

 

気を取り直して先に進むと檻に捉えられたランサーを発見。

新たなプレイアブルヒーローとしてアンロックされた。

次の冒険から使えるようになる。

 

盗賊ギルドの男が近づいてきた。

君たちの冒険の手助けをしたいと言い、クリスタルを渡してきた。怪しさ満点だが、何に使うのだろうか?

 

その後何度か戦闘があり、アーチャーがやられてしまった。

1人減るのは痛い。

 

そしてアーチャーを失いつつも森を抜けた。

次はアンデットが蔓延る遺跡に進む。

 

今回はここまでまた次回。

 

このゲームの関連記事

www.himajin-block30.com

 

//上に戻るボタン