【Scorn】プロローグをプレイ

 

 

先日の記事で書いた通り、キックスターターでTier2以上の支援者にゲームのプロローグがプレイできるキーが配布されたので早速プレイしてみた。

このプロローグは本編にも組み込まれているので、Tier2の支援者以外の人は10月21日にゲームが発売してからプレイできるようになる。

 

プロローグなのでネタバレというわけではないが、自分でプレイするまで情報をシャットアウトしたい人はこの記事を読まないように。

 

一応直接デベロッパーにNDAの設定があるか問い合わせたところ、設定はないので自由にしていいよと回答を得ている。

 

グロテスクな表現があるので閲覧注意。

 

メニュー画面からもう気持ち悪い。

日本語化されているが、前に体験版をプレイした限りだとこのゲームに言葉は必要ないと思う。

 

ではゲームスタート。

あ、ズームするの?シームレスなのか。これ絶対目開くじゃん。

 

くわっ!

 

回想を交えながら、地下らしきところに落下してしまった。
薄暗くて湿っぽ・・くないな。意外と乾燥してるようにみえる。

もっとグチョグチョネチョネチョしてるかと思ったが。

 

 

ふと、下を向いてみた。

か、体があるぞ!

下を向いたとき自分の体が見えるゲームは良ゲーだと思ってる。

 

ん?なんかあるな。

ズボッ

なんで良く分からないものに躊躇いもなく手を突っ込むんだよ!

アサシンの装備みたいなものが移植された。

 

別の装置に手を突っ込む。

なんの抵抗もないなこいつ。

因みにこれはコントローラのようだ。

 

テキトーに操作してゲートを開く。

テキトーにやりすぎて何で開いたのか分からん。

 

なんだか広いところに出た。

天井が高い。

天井あるかな?

 

幾つか装置があるが、どれも上手く機能しない。

順番があるのだろうか?

 

奥の部屋には高そうなゲーミングPCチェアがあった。

 

エレベータがあったので2階へ。いや、ここ何階だ?まぁいいや取り敢えず2階ということで。

アームが動いて何かを掴もうと動くのだが、空を掴んでいる。

何かを動かさないと駄目なようだ。

 

すぐ横に別の装置があった。

成程、パズルか。意外と頭を使うゲームだな。

アームで運ばれたものが下に降りていったので自分も下に降りよう。

なんかうめき声が聞こえたけどあれは一体なんだ?

 

詰め込まれた人らしきものが下りてきた。

たぶんこの人は酷い目に合うんだろうな。いや現時点でこんな感じだけど、多分まだマシな方だろう。

 

謎装置で加工を施す。

少しフレッシュな感じになった。

 

クレーンでちょっと雑に扱われてるのは笑いどころかもしれない。

 

腕を手に入れた。

彼はその為の犠牲だった。

 

で、手に入れた腕をアサシンクリード化。

これでおそろっち。

 

2人がかりでないと開かないゲートがあったので、手に入れた腕を使ってゲートをオープン。

奥に進むとエレベータがあり上の階へ。

 

ミラ・ジョヴォヴィッチのコピーではないが、大勢の人が積み重なっている。

男も女もいるようだ。

これは失敗作的なものなのか?

 

お、武器だな!よぉし、ここから派手な戦闘で盛り上げていくぜぃ!

 

あ、え?武器じゃないの?鍵?

 

蒸気を吹き出す謎の浮遊物に行く手を阻まれる。

やはりさっき手に入れたこれは武器として使えるのでは!

 

びよーん

ダサい!

伸びるのかよ!撃てよ!銃みたいな見た目なのに!

 

びよーんびよーんしながら奥に進むとまた謎の装置。

テキトーに操作すると・・・

 

爆発した。なんか漏れ出てきてるぞ!

 

といったところでプロローグ終了。

プレイ時間は50分ほどだった。

なんなんだ、この気持ち悪い世界は。最高か!

グラフィックはとても綺麗(気持ち悪い)。途中の人っぽい何かのモーションも気持ち悪くてGood。プロローグをプレイした限りだとびっくりホラーというわけではなく雰囲気重視でとても良い。適度な謎解きもあって楽しかった。

ちょっと歩く速度が速い気がするが、もしかしてコントローラでアナログ入力の方が良いのかな。

1か月後の本編発売が楽しみ。

 

このゲームの過去記事

www.himajin-block30.com

//上に戻るボタン