【DREDGE】不気味なイカを釣る その2【Steam Next Fest】

 

このゲームの関連記事

www.himajin-block30.com

 

 

Steam Next Festで配信された体験版をプレイ。

 

新たな朝を迎えた。

今日も借金返済のために釣りまくろう。

 

現在装備している釣り竿は浅瀬用の釣り竿のようだ。

今日最初のヒットはガルフラウンダー。カレイだっけヒラメだっけ?右向きはどっちだっけ?そもそも何をもって右向きなんだっけ?思想?

4マス使うので結構大きい。

ここでは4匹釣り上げた。

 

次のポイントではアカエイを釣り上げた。

デカいな。船倉を整理しないと収まらない。

 

よし、収まった。

 

ついでに別の島にも行ってみると骨董品屋があった。

カネになりそうなものを持って来いと。どうやらこのゲームはサルベージもできるようなので探索が楽しくなりそう。

でもどこかでサルベージ用の装備を見つけないと。

 

帰り際にグレイイールを釣り上げて、街に帰ろう。

 

魚屋に報告に行くと、客から特別な依頼を受けたと言ってきた。もう夜だよ。

もしかして、毎朝一番に魚屋に顔を出したほうが良いのかな?

だが依頼はガルフラウンダーとグレイイール。

丁度釣ってきた魚だ。この2匹で49ドルと結構いい値段で買い取ってくれた。

依頼の魚は金額が良いようだ。

そして更に追加の依頼。

イカ2匹とブラックグルーパーを1匹を持ってきてほしいとのこと。

どちらもまだ釣ったことがない。イカは夜にしか釣れないらしい。

このあたりの夜の海はヤベーぞと脅された。帰ってこれなくなることがあるらしい。

 

お財布の中身は255ドル。なにか新しい装備でも買うか。

取り敢えず電球を買おう。割れてるのに100ドルもするぼったくり電球を購入。

やっぱりこの船大工普段収入ないんだろうな。

電球は船倉の前方にしか配置できないようだ。

 

丁度夜だしイカ釣りに行こうと思ったのだが、どうやらイカは沿岸で釣れるようだ。今の装備は浅瀬でしか釣りができない。

沿岸釣り用のロッドを買わなければ。

 

一度売ってまた買うことになってしまうとは。

装備品が増えると魚をしまうスペースがなくなるな。

 

いきなり大きなサイズが釣れたようだ。

 

更に釣りを続けると何やら気持ち悪い見た目のイカが釣れた。

卵を抱いているらしい。それは本当にイカの卵なのか?なんか植え付けられてない?顔がつぶれてるよな?

 

ブラックグルーパーも発見。

もう朝の6時なのだが、徹夜してしまった。

画面上部に表示されている目が少し充血している。

これって主人公の目なのか?

 

朝8時近くに寄港。

すると灯台守の老婆に身を引けと言われてしまった。

なんでみんな理由を言わないの?口にすると呪われるとか?

 

魚屋に納品。

依頼の報酬は97ドル。

 

奇妙なイカが釣れたことも報告。

魚屋はイカの腹を裂くと胃の中からハンカチが出てきた。

イカの胃にハンカチ?ハンカチって誤飲するようなものでもないだろう。

誰かが無理やり入れたとか?

因みにこのイカは28ドルで買い取ってくれた。

 

サイフも厚みを増して意気揚々と船に戻ろうと歩いていると怪しいおっさんが声をかけてきた。

お宝を見せてほしいと。

あのハンカチは高価なものなのか?

男はここから南にあるブラックストーン島に来いと言いどこかへ行ってしまった。

 

街が発展している。

船大工が施設を拡張し乾ドックが使えるようになり、そのうち魚屋のサービスも良くなるらしい。

ちゃんと利息のお金を街に使っているんだな。

乾ドックはスペースの追加や装備の取り付けポイントの増加、船体の強化が出来るようだ。

改造は木材や金属スクラップが必要になるらしい。予め集めておいた方が良いかもしれない。

 

しかし残念なことにこれらのアップグレードは体験版では未実装。

 

町長再び。

小包を東のリトルマローに持って行ってほしいと言ってきた。

なんかこれ水が滴っているのだけど、何が入っているんだ?

腐るようなものが入っているらしく、早めに持って行ってくれと頼まれた。

代金は配送先で受け取れるそうだ。着払いかよ。

 

お宝を持ってこいだの小包を届けてほしいだの、やれやれだぜ。

俺は漁師だぞ。

 

今回はここまでまた次回。

 

このゲームの関連記事

www.himajin-block30.com

//上に戻るボタン